1. Top
  2. » 海外ETF

米国株式 高配当銘柄への投資法

米国株 高配当銘柄 株式投資の魅力

アメリカは今後も長期的に持続的な経済成長が期待できる
 アメリカの人口は、年率2%以上で増加している
 人口増加率の高さは、必然的に米国内市場の拡大をもたらす
 アメリカ経済の潜在成長率は、3%程度ともいわれている
 株式市場が企業利益と配当の持続的な高い成長率を評価することで、株価も上昇するといわれている

株式市場の透明性、コーポレート・ガバナンスが世界一
 アメリカのコーポレート・ガバナンスは、エンロン・ワールドコムのような事件をきっかけに、結果的にはさらに強化される事になった。
 これが米国株に投資する投資家の安心感につながっているのです。

世界を代表するグローバル企業群が多数
 アメリカの企業は、グローバル市場で活躍する世界的な優良企業が多数ある
 米国内だけでなく、世界でビジネスを展開しているので世界各国の収益を期待できる

といった点で米国株式投資は非常に魅力的です。
その米国株式銘柄の中でも高配当が期待できる銘柄に投資すれば効率の良い運用が期待できます。

株式は、株価の上昇によるリターン(キャピタルゲイン)と配当によるリターン(インカムゲイン)の2つのリターンをねらうことが可能ですが、米国株の中で配当によるリターンを重視した銘柄選びを優先させます。

高配当株式銘柄を購入し資産運用をするということは、キャピタルゲインとインカムゲインの両方でリターンをねらいにいくということです。
そして配当利益(インカムゲイン)は、配当があれば保有しているだけでリターンがありますので、株価暴落のブレーキにもなりえる心強い存在でもあります。

米国株の配当は四半期に1度ある企業や半期に1度ある企業がありますが、米国株の高配当銘柄に投資することで、その配当が定期的に自分の口座に振り込まれるようになります。


米国株式高配当銘柄に投資するなら海外ETFがオススメ

数ある米国株の高配当銘柄に効率よく投資するには、海外ETFを利用するのがオススメです。
米国株の中から高配当銘柄を約100銘柄選んで投資している海外ETFがあります。
そのように高配当銘柄を幅広く分散でき、少額から投資できるといった点でも海外ETFを利用するのがオススメです。

ETFとは、Exchange-Traded Fundの頭文字を取ったもので、日本語では「上場投資信託」と訳されます。
簡単に言うと、「株のように株式市場で売買される投資信託」という金融商品です。
海外ETFとは、海外の証券取引所に上場されているETFのことで、海外ETFは、日本の証券会社を通じて購入が可能です。
また、海外ETFは、上場している市場の取引時間内であれば、リアルタイムでファンドの売買ができます。

ETFを使うメリットは
長期的なコストを安く抑えられることができる
証券取引所に上場され、市場が開いている時間はいつでも取引ができる
取引所に上場されていることから、現時点での市場価格を常に把握できる
ETFに含まれる構成銘柄が毎日更新・公開されていることから、最新の情報が把握できる
などがあります。


オススメの米国株 高配当銘柄 海外ETF
国内金融機関で購入可能な配当が期待できそうな高配当米国株式海外ETF
(以下の海外ETFは米ドル建てですので配当の振込みも米ドルです。)

iShares Dow Jones Select Dividend(DVY)
iシェアーズ ダウ・ジョーンズ好配当株式インデックス・ファンド
ダウ・ジョーンズ US セレクト・ディビデンド・インデックスへ連動。
配当伸び率、配当性向、1日平均取引金額、配当利回りに基づいて選定されます。


上記の海外ETFは楽天証券で購入することが可能です。
>>グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!









スポンサードリンク
コンテンツ
カテゴリ
RSS
タグ

株式投資 銘柄 高配当 米国株 海外ETF 株式 配当 キャピタルゲイン 株価 インカムゲイン 

関連リンク